FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

杜海明観の酪農家族応援団

「余計なお世話いたします!」 で始まった応援団7年の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
 順調に発育しています。

ルーベン
DSCF9410 ルーベン

アシュラー
DSCF9408 アシュラー

    後肢の踏みも幅が広くしっかりしています。 DSCF9413 アシュラー(後望) (ちょっと蹄が外向かな?)

ルーブル
DSCF9417 ルーブル

シャウト
DSCF9416 シャウト
                                                 (いずれも、6月9日撮影)
                 ※ フィーバーは撮り忘れました。(ごめんなさい!)





スポンサーサイト
 久しぶりに小野さんに会ったので、アフターショックの体高を測りました。(5ヶ月ぶり!)

DSCF9435

 体高138cm(肩)、後(十字部)では140cmあります。5月生まれなので、13ヶ月齢、共進会の巡回審査(予選?)までには確実に140cmを超えますね。


2014.06.26.Thu 18:26 | 小野 智さん | trackback(0) | comment(0)
 長嶌牧場のドーバー(90、4月30日初産分娩)は、5月の検定で33kgをマークして初産のトップ賞でした。
麻賀多山(山本)牧場でも6月中旬にドーバーが初産を分娩しました。

DSCF9486
                        分娩後4日くらいなので、まだ水気が残っています。(6月18日撮影)

DSCF9496  (母はジェスロ)

 山本さんのドーバーも出そうですね。 DSCF9489

             ドーバーは、“当たり”かもしれません。(いや、当たり!です。)


 連敗中の(1月から2頭オスが続いた)チェイス、ついにメスが生まれました。
                    (125 アイロング 73 アシュモア チェイス,6月15日生まれ)
125 チェイス

                ボリヴァーよりオーマンが強い?

125 チェイス(後望)

      後躯(尻台)は、しっかりしています。(祖母がメイケツ<名尻>のビッグガイです) 

 チェイス(29H14344 ボリヴァーxオーマン)は、マンフレッド(オーマン )→ボリヴァー → ボルトン と続く、長嶌牧場のメインストリーム(主流)の代表として期待しています。(たくさん受胎しています!)
 しかし、この後2頭続けてオスが生まれました。(現在1勝4敗です。あと2頭今年中に生まれます。精液の在庫もあります。)

 やはり、改良は“イチ”に「とまってナンボ」、“ニ”に「メスが生まれてナンボ」ですね。とまりが良い判別精液が一番かもしれません。





2014.06.28.Sat 18:16 | 長嶌 勇さん | trackback(0) | comment(0)
 産次構成調査を未来志向型にリニューアルした(EWFの記事参照)ことを受け、長嶌牧場の牛群管理表(産次構成型)もバージョンアップしました。

全体 DSCF9397

 さすがに4年近く使っているので貫禄が出てきましたが、右端(9産、10産のところ)に三色のマグネットが縦に並んでいるのが追加した情報です。

 産次構成調査の左端3列と同じ情報です。 産次構成グラフ(新バージョン)EWF

   アップ DSCF9398

 水色がF1,黄色がホルス(普通),ピンクがホルス(判別)が受胎していることを確認している頭数です。5頭ずつ目印をつけたので、来年2月までにF1が13頭、ホルス(普通)が15頭、ホルス(判別)が2頭生まれる予定であることが一目でわかります。(当然ですが、受胎確認したらマグネットを加え、分娩したらマグネットを取ります。リアルタイムで行うことが“ミソ”です。)

 これにより、妊娠期間が約280日、妊娠鑑定を40日前後で行うとすると、(280-40)÷30で、8ヵ月後までのホル♀の確保(出生)頭数が予測できます。

 15 x 0.45 + 2 x 0.9 = 9頭前後生まれる計算になります。(0.45と0.9は、それぞれの雌率)
 これを1年(12ヶ月)に換算すると、9 ÷ 8 x 12 = 9 x 1.5 = 13頭で、年間13頭の雌が確保できそうです。

 まぁ、最悪でも(15 x 0.3 + 2 x 0.9) x 1.5 = 9頭くらいは生まれそうです。

 ということで、8ヵ月後までの出生(分娩)予定を可視化(情報化)することで、これからの種雄牛の選択に大変参考になる情報が得られます。

 長嶌牧場の場合、判別精液による受胎がもう少し多くなれば、F1(和牛)とホルス(普通)の頭数を逆転させることができます。(ホルスのオスが生まれる頭数が減れば、副収入がアップします。)





2014.06.29.Sun 19:11 | 長嶌 勇さん | trackback(0) | comment(0)






<< 2014.06 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

u76
“守護天使”になった“ハンナ”に代わり、私“わカメちゃん”が応援団長になりました。
 “ハンナ”と“わカメちゃん”は、一番初めの記事(2007年4月)に出ています。お時間があったら是非見てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。